コピー・製本、各種印刷、データ出力・入力、マイクロフィルム、機器リース、販売

マイクロフィルム撮影

マイクロフィルムの撮影・出力

マイクロフィルムとは、専用の撮影機を使って図面や本・文書などを撮影し、元の原稿サイズより1/5から1/40ほどに小さくして記録したフィルムです。専用の読取機を使えば、再び元の原稿サイズで印刷することも可能です。 また利点として、長期(適正な条件の下であれば、約500年)の保存が可能である点が挙げられ、デジタル化の進む現代で見直されてきている保存方法です。
サイズ~A0サイズ
フィルム種類35mmフィルム、16mmフィルム、フィッシュ、ジャケット、APカード
関連作業マイクロフィルムの電子化
用途・ニーズ図面、本・文書の長期保存など
MENU
ページ上部へ戻る